家族の希望を詰め込んだ新築一戸建てを建てよう!

女性

地震に強い家づくり

家

命や財産を地震から守る

一戸建ての中でも、耐震対策がしっかりされたものが人気になっています。地震災害を身近に感じる人が多くなっているため、我が家の安全をまず第一に考える人が増えているからです。こうした耐震性の高い一戸建てならば、大きな地震が来ても大切な命や、財産をしっかり守ることができます。また、被害を最小限に食い止めることができるため、修繕費用なども大きく削減できることが考えられます。さらに、耐震性能に加え建物に伝わる揺れを低減する制震性能を持った一戸建ても人気です。建物を耐震対策で揺れに強いものにしつつ、制震で揺れ自体を抑えるという、二重の対策ができるからです。大地震に強い一戸建てと言え、さらに対策を万全にしたい人に注目されています。

さらなる対策でより強く

新築一戸建ては、一定の耐震基準を満たしていなければなりません。ですが、これは命や財産を守るためのあくまで最低限の基準であり、より万全の対策をするためにはさらなる工夫が必要になります。耐震性能を上げるためには、耐力壁、強い筋交いや接続金具などで強化していくことが必要です。建築会社と相談しつつ、これらを効果的に組み合わせていくことが大切になるでしょう。また、地盤も耐震性に大きく関わっていることにも注意が必要です。特に注意したいのは液状化で、これが起こると建物が沈んだり傾いたりする可能性も出てきます。行政が発行しているハザードマップを確認したり、地盤調査をするなどして、地盤の丈夫さを確認することをおすすめします。場合によっては、杭を打つなどの対策を考えましょう。